アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

季節の変わり目。 2010.11.05
Share

服。困ります。

私服の会社なので、日々着ていくものに困ります。

マイ制服を作りたいぐらいです。

 

私は、あまり賢い着回しができず、いつも同じ服をローテーションで着ているので、同じ服だけ色褪せていきます。

毎日服の組み合わせを考えるのは面倒です。

 

しかし、そんな面倒臭がりの私にも気合いが入るときがあります。

それは、季節の変わり目。

 

重いコートを脱ぎ捨て軽やかなカットソーに変わる春。


パンプスからサンダルに履き替える夏。


半袖のTシャツを放り投げシックなセーターに腕を通す秋。


そしてファー付きジャケットなぞを着込み、ブーツに足をねじ込む冬。

 

 

服のマンネリ化から脱するのにうってつけな季節の変わり目。

今年は特に夏が長かったので、普段はサンダル大好きな私が、もう見たくもないほど履き飽きていました。

 

9月あたりからずっと履きたかったレッグウォーマーが、ついに外の気温とマッチしたときの喜び…。

 

ちなみに今年の冬、私はレッグウォーマーコレクターになるつもりです。

現在の所有数は五足。まだまだ!

 

ニットにノルマンディー柄(雪じ●しみたいな模様。と靴下店で言ったらこのように正された)が刺繍されたいかにも冬らしいレッグウォーマー、なんて可愛いんだろう…。

誰が何と言おうと、今日のファッションにレッグウォーマーは必要ないだろうと思われようと、私は毎日履き続ける。

 

 

思えば私が中学生のときに流行したレッグウォーマー。そのときはあまり種類もなく、赤と白のボーダー、抹茶と白のボーダーなど、お洒落とはほど遠いデザイン。

中学生行き付けのデパートでは、それぐらいの品揃えが精一杯だったのです。

 

あれから●年…危機を幾度となく乗り越え、レッグウォーマーが世に定着してくれて本当に良かった。最近は定着するものが多いですね。ファッションも飽和状態か?

なんて、素人にはわかりかねますが。

 

私が立派なレッグウォーマーコレクターになる頃には冬本番、きっとレッグウォーマーでは寒さを凌げず、ブーツに切り替えているでしょう。

そして冬物にも飽きてきて、防寒重視のどうでも良い服を着ている頃でしょう。

 

服の面から見ても、四季があるのは嬉しい。

新たな季節が訪れたとき、毎回いとおしさを感じる。懐かしい友人に会ったような感覚。春と秋がなくなりつつあるのは、悲しい。

 

さて、季節の変わり目は、体調管理にいつも以上に気を付けましょう。

 

私は今、薬を飲まずに風邪が治せるよう、自己治癒力を鍛えています(すでに風邪っぴき)。

ちなみに私は季節に関係なく、風邪と仲良し。

人一倍風邪予防に力を入れているつもりなのですが、なぜでしょう。

うがい手洗い欠かさず、アルコール消毒までしている。入浴は半身浴で体の芯から温まり、髪は乾かしてから寝ています。レッグウォーマーだって履いているのに…。

 

世の中、不思議なことがたくさんあります。

皆さんも気を付けてくださいね。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内