アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

当世、ビジネスホテル考 2011.03.11
Share

つい先日、ちょっとした用事があり、日本を北上し、とあるビジネスホテルに宿泊することになった。

 

地方とはいえ、私の住む町よりよほど(段違いに)栄えていて、広々としているが整備もされている。何となく自然豊かな地方都市をイメージしていただけにショックを隠せない。歩く人々もオシャレだし、都会にコンプレックスを抱く私はそわそわして落ち着かないくらいだ。駅まで歩いて誰ともすれ違うことがない日がある、というか、歩いている人の方が少ない、わが町の田舎度は並ではない。

 

それは残念だが、驚いたのはバスだ。

ターミナルに出入りするバスの数がびっくりするくらい多い。同じ場所を通過する路線がいくつもあり、適当に乗っても大丈夫なように思われる。だからと言って適当に乗ってしまうと、遠回りするなどの意地悪をされることがあるので気をつけたい。とにかくひっきりなしに、バスがやって来ては去っていく。誰も彼も迷うことなく乗り込んでいく。

 

これだけ発達していれば、エコかどうかは疑問だが、利用する側にとっては便利この上ない。わが町にもっとバスを! そして自転車道を! もっとお小遣いを! もっと自由を! もっと光を! 食べ放題の前に先付けみたいな、これ食べてからねっていうのは反則だ! 

 

そのビジネスホテルは比較的小さい。目立たない。

とは言え清潔だし設備も整っているし、リーズナブルだ。しかもだ。大浴場があり温泉だというではないか! 確かに部屋は狭いがテレビや冷蔵庫、エアコンもある。シモンズのベッドもある。他にもスリッパやドアや窓なども完備していて、言う事なし。

 

夕刻にホテルで手続きを済ませ、何となく軽めの夕飯を食べに外出。帰って来て温泉につかり、しかも外に露天風呂が! そそくさと露天にも入る。部屋に戻りあとはグダグダとテレビを眺めながめる。

 

午後9時。いよいよお楽しみのイベントだ。

このホテルを選んだのは、利便性もあるが、朝食のバイキング(炙り焼き付き)に加え、午後9時から宿泊者だけに夜鳴きそば(ちなみにラーメンです)が振舞われるのだ! 軽めの夕食にしたのはそのためなのだぁ! インターネットでこのサービスを見てすぐに決めてしまった。夜鳴きそばを食べたかったから選んだ。

それでいいのか? 俺。

 

ともあれ夜鳴きそばの会場は満員御礼。やはりここに泊まった全員はこの夜鳴きそば目当てだったのだ。朝食のバイキングも素晴らしいものだった。炙り焼きには野菜や魚介が並び、白米に炊き込みご飯、カレー、パン、コーヒー、ヨーグルト、煮物、麺類など、ちょっとした温泉宿も顔負けだった。恐るべしビジネスホテル。出張でビジネスホテルを使うというと、何となく憂鬱な気分になる(出張でビジネスホテルを使ったことはありませんので、私の妄想です)時代はすで終わったと言っていい。旅のスタイルすら変わるだろう。

 

こうして私のビジネスホテルの一夜は終わった。満足だった。やり遂げた。何をしに行

ったのかはもう、どうでもいい。小さなことなのだ。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内