アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

なでしこジャパン 2011.07.13
Share

7月10日早朝(日本時間)サッカー女子ワールドカップ日本対ドイツの試合があった。女子サッカーワールドカップベスト4をかけての試合である。 知らない方のためにミニ情報。。。

 

日本女子サッ カー(なでしこジャパンと呼ばれている)は、実は、男子サッカーより強く世界ランキング4位なのである。ただ、ドイツはさらに強く、世界ランキング2位、対日本の対戦成績7勝1分けと、日本が一度も勝ったことのない相手。さらに今回は、ドイツ大会なので、ドイツの完全ホーム。下馬評でも、ドイツ圧倒的有利と言われていた。 そんな中、早朝(3時45分キックオ フ)、眠い目をこすりながら、日本の奇跡を信じて応援いていた。試合は予想通り、ドイツが圧倒的に攻め、日本が守るという 試合展開。身長差も平均で10センチも違うのである。

 

で も、とにかく、『なでしこジャパン』は走った。。走りまっくた。。追い掛け回た。。。。。それも、前半から延長後半までずっとである。。それが、途中交代FW丸山選手のゴールを呼んだ。。。結果はみなさんご存知の通り、1-0で、大金星!!日本初のワールド4強入りを果たした。 結果も良かったが、それ以上に、ずっと動き続けた選手に感動
し、涙してしまった。。。

 

後日下記のような内容の新聞記事を読んだ。 試合会場に出発する前に選手がホテルで行った全体ミーティングで、スタッフが10分間に編集した映像を流した。その内容は、サッカーの戦術や個人の特徴をまとめたものではなく、東日本大震災の被災地の映像で、エンディングには、『自分たちに今、できることは何だろう』という字幕があったようだ。そこで、みんなが涙を浮かべ、 「日本が本当に苦しい中で何ができるかといったら、サッカー選手としてテレビを通じて一生懸命頑張ってる姿を見せることだ!」と、より団結して試合に臨んだと。。。  だから、より動き、追い掛け回し、最後まで一生懸命頑張ったんだと、またまた感動した。 

 

戦略や戦術も大事だけど、一番は、“気持ち”なんだと、自分に置き換えても、今更ながらに思った。。。   さあ次は、決勝進出をかけてスウェーデンとの試合。またまた、早朝(14日午前3時45分)からの試合ですが、仕事に支障をきたさないよう、奇跡を信じて応援しま~す!!!


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内