アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

熱風地獄の決闘 2011.09.29
Share

こんにちは編集部のDです。皆様はちょっとした楽しみをお持ちですか?読書や映画鑑賞、マッサージやエクササイズなど毎日ちょっとした時間で楽しめるもの。とても大事ですよね。
 
私が日頃楽しみにしているもの、それはサウナです。サウナが大好きなのです。少しおじさんっぽいかもしれませんが、日頃溜め込んでしまったストレスと水分を出し尽くす爽快感、新陳代謝を上げ健康的に、内側からキレイになる美容面に、色々なもの全部出してデトックス、というのが一般的なサウナの醍醐味だと思いますが、私はプラスアルファでそこに決闘という二文字が入ります。

 

決闘?と思われるかもしれませんが、サウナは戦場です、熱風の中耐え抜く気力がものをいう戦です。気を抜いたらやられますよ!
 
決闘のルールはというと、自分より先にサウナ室に入室している者、自分より少し遅く入室した者より先には出ない!これだけです。シンプルです。シンプルゆえに奥が深いのです。
 
まずは、入室前に全身の水気を拭きつつ覚悟を決めます。これから戦場だと、負けられない戦いがそこにはあるのだと。そして入室し、ライバルを一瞥して確認。こいつらか、今日の獲物は、そんなことを考えながら王者の風格を漂わし素っ裸でぐんぐんと進軍します。
 
そしてここが重要!大低のサウナ室は階段状になっておりそれぞれ空いている場所に腰を降ろしますが、私は敢えて熱風吹き出し口の近くの最上段にデデーンと座ります。なぜなら熱風は空気より軽く、上へ上へと来るのです。そう最も熱い場所で陣取る、これは私からの無言の宣戦布告です!

 

周りはぎらついた目で私を見ます(実際は見てはいません)。それを見下ろし不敵な笑みを浮かべる私(実際は浮かべません、もし浮かべていたら少し大変です)。さぁここからが勝負だ。すっと目を閉じ、軽く深呼吸し、身体の緊張具合を確認しながら勝負の一歩目を踏み出します(実際はTVが付いているので割りと楽しく時間は過ぎます)。
 
あっという間に体から汗が噴き出します。あらゆる箇所から汗が噴き出し、まるで入浴したかのように体に水分がまとわり付いてきます。

 

その時、サウナ室の扉が開きました。そう、遅れて入ってきた挑戦者です。私はすぐさま彼をターゲットとしてロックオンしました。もちろん彼も私たち全員をロックオンしているはずです。なぜなら少し遅れて入室した彼より先に出てはいけない私達と同じように彼も先に入室した私達より先に出てはいけないルールだからです(実際はそんなルールを人様に押し付けてはいけません)。
 
さぁ役者は揃った!いざ勝負!!
 
2分、3分と経つと私より先に入っていた者はサウナ室より退室していきます。腑抜けどもがそのような覚悟で勝負を挑むとは片腹痛いわ!(実際には、めちゃくちゃ長く入室していた猛者かもしれませんので、このような自己中心的な考えはよくありません)。
 
さらに5分も過ぎれば大抵の者は退室しており、残るは最後に入室した者と私の一騎打ちです。時間だけがダラダラと過ぎ、私が入室してから10分が過ぎようとしています。さすがにキツイ・・・あの者にはまだ余裕があるのでは?・・・先に入っているのだから辛くて当たり前だ・・・出たい・・・水飲みたい・・・お金持ちになってみたい・・・空飛べたら気持ちいいだろうな・・・コンビニのローソンって何故ローソンって名前なんだろう?・・・様々な思考が私の頭の中を駆け巡ります。そうこの決闘の真の敵は自分なのです。己との戦いに勝利すればおのずとビクトリーロードが見えてくるのです。
 
その時!!彼が体を伸ばしたり曲げたりストレッチをし始めました。辛さゆえ身体を動かし気を紛らわすのは弱音を吐くと同じことよ!!奴の限界も近いと見た!最後のひと踏ん張りだ!!私が入室して13分が過ぎた頃ついにその者はギブアップし退室していくのでした。

 

そして誰もいなくなった戦場を眺め、勝利の余韻をかみ締め拳を高らかに天へと突き刺すのです(実際は座っている場所が最上段ですので腕を上げたら天井に当たって熱い熱いです)。
 
火照った身体を冷やすため水風呂へと入り、暫くして出ようとした瞬間に気付くのです。この隣にいる者、私より先に入っていながらまだ水風呂から出る気配が無い!!
 
そう・・・第二幕・・・・氷結地獄の始まりです・・・・。
 
と、ずらずら書いてきましたが、サウナも水風呂も体に負担をかけるので体調と相談しながら自分のペースで楽しむものです。上記のような決闘を申し込むと勝ったところで得られるのは虚しさだけなので、大人な皆様はそのような暴挙に出ないようにして下さいね。それでは良い汗を。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内