アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

そりゃそうだ。 2011.10.21
Share

ハーブティーにハマッてしまった。

 

凝り性ではないはずなのだが、私としては珍しく、ティーポッドやらティーカップやらハーブ保存用の瓶やら買い揃え、ティーバッグではなく自分で葉っぱをブレンドして飲んでいる。

 

夜わざわざ薄着でベランダに出て、「さむぅい」などと言いながら小指を立てて温かいハーブティーを飲む。

そんなこしゃくなマネをして悦に入っている。

 

書きながら少し恥ずかしいが、枯れた生活を送る私にとって、唯一女子力の高い時間だ。
 
もちろん生粋のハーブティーマニアに比べるとにわかであり、ハーブに関する知識など地球と蟻ぐらいの差がある。


しかし、理由なくハーブティーに惹かれたわけではない。

 

諸事情により葉っぱの名称は伏せるが、私が飲んでいるのは主に、脂肪燃焼作用のあるものだとか、デトックス効果のあるものだとか、便秘解消や食欲抑制作用のあるものだとか…つまり平たく言うと、ダイエットに有効な種類のハーブティーだ。

 

年と共に太ってきた私は、「ハーブティーを飲むだけで健康的に痩せられるなんて!」と飛び付いた。

運動嫌いの私にとってはうってつけだ。
そして毎日、家に帰ってから何杯も飲んでいる。

食前、食中、食後、入浴前、入浴後、寝る前…。

 


もう、おわかりですね。

そう、大量摂取のせいで水太りし、逆に体重が増えました。

飲んだ量が私の体の消化機能を完全に上回ってました。

ええ、そりゃあそうですね。
 
でももうやめられない、止まらない。

ハーブティーを飲みながら、水太り防止のため地道にスクワットに励む日々。

だってハーブティーは悪くないもの。


本末転倒とはこのことかと、バランスボールに乗りながらしみじみ思う。

 


 
(※本来、ハーブティーは一日に何杯も飲むものではありません。1〜2杯くらいが摂取量の目安です)
 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内