アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

ブータン王国に思う。。。 2011.11.22
Share

昨日まで、ブータン国王夫婦が、新婚旅行と震災のお見舞いを兼ねて来日していました。

昭和天皇が亡くなった時には、先代の国王であるお父さんが来たそうです。ブータン国王だけは、陛下の葬式だけ参列しすぐ帰ったという、かなりの親日国のようです。ちなみにその時は1ヶ月もの間、喪に服したそうです。他国なのに、すごい。。。

 

そのブータンの先代国王が言い出したのが「GNH(国民総幸福)」だそうです。亡くなった先代を継いで即位した新国王(今回来日した)は「GNPよりGNHが大切だ」と言ったそうです。GNPのPのかわりに、ハピネス、つまり幸せのHを入れる、一種の言葉遊びだったようですが、ブータン国民はこれを国是として真剣に受け止め、2008年、ブータン史上初の憲法の第9条にGNHという言葉が盛り込まれたそうです。

 

そこには、GNHを保障するのが政府の責任だと明記されています。 GNHの柱は、1つ目に自然環境の豊かさ。2つ目に伝統文化の保全と促進。3つ目が良い政治。4つめが経済発展(公正な経済発展)。一部の人だけが金持ちになるようなことを経済発展と呼ばない、という考え方のようです。


今まで(震災や世界不況になる前)なら、あまり関心がなかったこの指標が、今まさにこの世の中で見直されて、「豊かさ」と「幸せ」について、今一度考えることが、大事だなぁと思いました。今回は、自分に似合わず、ちょっと真面目過ぎました~。。。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内