アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

プレデター~Season春 2012.03.02
Share
厳しい寒さが続いた冬もあとわずか。春になれば草花が若芽をつけ、雪解け水が川に流れ、杉も本格的に花粉をまき散らすことでしょう。ニュースやCMで流れる衝撃映像(杉の木が風で揺れ、花粉が出る様子)を白い目でみていたはずが、ほんのり充血気味の3月です。
 
10代半ばから花粉症でしたが、私の場合、初めに「くしゃみ」が出て、次に「目がしょぼしょぼ」することが多いようです。例年12月中旬頃には、すでに花粉の訪れを嗅覚と視覚で察知しています。
 
慢性的な花粉症なのですが、10~20代頃の4年間に大阪で生活していた頃は症状が一切なく、治ったとものと思っていました。ただ、上京することとなり、3月下旬に住まいを決めるため東京へ。新幹線の中で新しい生活に思いを巡らせ、いざ東京駅へ。ホームへ降り立った途端、嗅覚と視覚に違和感を覚えました。「まさか」と思いながらホームを歩くうち、くしゃみと涙が出だし…。乗ってきた車両の「のぞみ」の文字は霞んで見えました。
 
花粉自体が東京は多いのでしょうか、都市化により行き場を失っているのでしょうか。見えない敵に立ち向かおうと人智(お茶やヨーグルトを飲む程度)を尽くしましたが、改善する気配はありません。各社から対策商品が次々と出ていますが、効力はマスクに及ばないように思います。だれか杉が花粉を出すのをあきらめ、森林資源の枯渇に及ぶ手前くらいのスゴイやつを開発してくれないでしょうか。

Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内