アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

実家の裏庭 2012.05.28
Share

私の実家は茨城県の田舎にあります。今回は実家の裏庭の話。
 
実家の裏庭は広い畑になっていて、色々な野菜が植えられています。私が小学校の時は、その裏庭でよくサッカーや鬼ごっこ、かくれんぼをして遊んでいました。また、裏庭では色々な事に出くわしました。例えば動物なんかに。
 
ある日、裏庭に行ってみると野良犬に出会いました。すごく人懐っこく、すごく大きな犬。初めて会ったのに昔から飼っていたかのように尻尾フリフリさせ、じゃれてくる。可愛いけれど、大きい。本当に大きい犬で小学生の私なんかよりもっと大きな犬。しかもずっと後ろを付けてくるので、さすがに恐い。小学生の私に気に入られ、親に飼ってもいいか聞いてもらい、ちゃっかり我が家の愛犬になろうという魂胆が見え見えです。心を鬼にして無視。尻尾を振って甘えようが、ゴロゴロして興味を引こうとしていようが無視。この家は駄目だなって思ったのか、気付いたら隣の家に向かっていきました。
 
別の日には、裏庭の畑の真ん中で豚が寝ていた。でっかい豚です。なんで?と普通思いますが、実家の近くには養豚場があり、そこには豚が沢山いるのです。そーか、そこの豚だ。さては、養豚場ではろくな物を食べさせてもらえなくて逃げてきたな。まさか、うちの畑の野菜を食い尽くすつもりじゃないだろうな、豚さん。さっさと帰ってもらわなくては。

 

しかし、小学生の私に何とかできる大きさではない。そして、そのニオイは正直畑の野菜全部を枯らしてしまうんじゃないかってくらい臭い。早速、親に報告して、豚は養豚場の人に連れ去られていきました。強烈なニオイはしばらく置いていきましたが。クサイ、クサイ。
 
また、迷い込んでくるのは、動物に限りません。知らない人がいる事も多々あります。全く知らない少年達が裏庭で鬼ごっこをしていた事も。人の家の裏庭で。少し離れたところで様子を見ていると、「一緒に混ぜてほしいのか、坊や。」みたいな顔で皆見てくる。いやいや、ここは公園じゃないよ、我が家の裏庭だよ!
 

ちなみに裏庭最大の事件は火事でした。それは、ある日の夜。何か裏庭が明るいなぁって思い、家から外を覗いていたら裏庭から火が上ってるんです。もうそれは、それは立派な火事。さすがにこのときは結構な問題になりました。消防車もやってきた。原因はどうやらタバコのポイ捨て。裏庭に小屋があり、そこに誰かがポイ捨てして火事になったみたい。ポイ捨ては危険ですね、ホントに。
 
まぁ、今回の話で人の家に勝手に入るのとタバコのポイ捨てはダメですよって事が言いたかったんです。ホントです。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内