アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

秋は喫茶店でゆっくりと 2013.10.23
Share

今月初めに発行した「はいから秋号」では、【秋の私時間】を巻頭特集のテーマに秋らしく私時間を楽しむ本の紹介や、ユニークな図書館や書店、まったり過ごせる喫茶店などの店舗の紹介もしており、素敵な秋を過ごすのに参考していただきたい内容となっています。

 

私の友人に珈琲店で働いている方がいます。そのお店では様々な産地の珈琲豆を販売していて、お店の一部では珈琲を飲みながらゆっくりできるカウンターとテーブルもあるそうです。お店に来るのはほとんどがシニアの方々。皆さん珈琲豆にもこだわりがあって、頻繁にお気に入りの豆を買いに来るとの事。

 

そんなシニアの方々は珈琲豆を買ったあとに店員さんとお喋りするのも楽しみのひとつのようで色々面白い話を聞かせていただけると言っていました。また、来店するお客さんはホットのブラックでしかほとんど飲まないようで、それはやはり香りや風味を楽しむ珈琲豆にこだわりを持つからこその飲み方な気がします。なので、珈琲豆は寒くなってからが一番売れるみたいです。これからの季節が珈琲を飲むのには良い時期という事ですね。

 

私も珈琲を飲みにカフェや喫茶店にはよく行きます。私の場合は珈琲を飲みに行くというよりは読書をしたり、カフェや喫茶店で過ごす時間が好きなので、珈琲については全然知らないですが。最近はオシャレなカフェや変わり種のカフェも増えてきていますが、そういうカフェにはほとんど若い人しかいません。しかし本格派の喫茶店にはシニアの方が多い気がします。自分のこだわりの豆を買って、珈琲店の店員さんと他愛無い話をする…そんなほっこりした時間も良いですよね。

 

最近すっかり寒くなってしまい、すぐ冬が来てしまう気もします。今年は夏が長かった分、秋は短いですが、まだまだ秋を楽しみたいなと思います。お気に入りの喫茶店で温かい珈琲を飲みながら好きな作家の本を読んで過ごす…そんな秋の私時間を皆さんも過ごしてみてはいかがでしょうか。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内