アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


読者ギャラリー

トピックス

読者のみなさまからのご感想 【はいからVol.42】 2007.10.12
Share

【はいからVol.42】にたくさんのご感想をいただきました。 その中から一部をご紹介します。

■発明家の亀岡さんの記事を読んで行動力に驚きました。私もどんどん行動しなければと背中を押されました。(江東区/太田さん)

■ エンターテインメントインタビュー、鶴太郎さんの「本気で挑んだ人生」が内面から浮かぶ顔が素晴らしいですね! 目が生き生きとしていますね。(八王子市/宮崎さん)

■ お蕎麦がとても美味しそうでした。食欲がなくなる夏だからこそ、お蕎麦をズズズッと啜ってサッパリしたい。(立川市/岡さん)

■ 先日、若い頃に観た映画「砂の器」をビデオレンタルで見つけ、再度鑑賞、再度感動しました。映画館で人目を気にせず「オーイ、オーイ」と大声で泣いたことを思い出しました。(日野市/安西さん)

■ 良い詩はみな、生きる喜びに溢れていると思います。良い詩を読むと何かが分かるような気がして、優しい気持ちになれるところが好きで、読む度に生きていて良かったと感動します。(青葉区/吉井さん)

■ 入院した時、看護師さんたちの細やかな気配りと優しさにに感動しました。患者が何を求めているのか機敏に感じ取ってくださり、気持ちよく過ごせました。(練馬区/桂さん)

■ 趣味で手描き友禅染めを習っています。一作ずつ出来上がるのが楽しみで、完成した作品を手に取ったときの感動はひとしおです。(世田谷区/高木さん)

■ サザンオースルターズの大ファンです。親への感謝の気持ちを歌った「心を込めて花束を」が特に好きで、聴く度に息子の結婚式でBGMに流れたらいいなと思っていました。彼らが自分たちだけで計画した結婚式、入場のときになんと! この曲が流れたのです。とても驚きましたが、感動、感動でもう大変でした。どこかで息子と通じ合っていたのですね。こんなことって、あるんですね。(美浜区/金原さん)

■「粋人たちの夏」、とても良く編集されていますね。江戸時代からの美意識は現代のせかせかした生活に「ちょっと待て」と言っています。のんびり、粋に過ごしたいものですね。 (青葉区/山本さん)

■桂歌丸さんのお話は父のしぐさや暮しを思い出させていただきました。夏一番の、嬉しい内容です。(市川市/大代さん)

■ 夏生まれで、東京の下町に住み、日本伝統文化を愛する私としてはこの特集がとても楽しかったです。ちなみに粋度は80%でしたよ!(江東区/関口さん)

■素敵な祭がたくさんあるのですね。しっとりとした入谷朝顔まつり、海女まつりは是非足を運びたいと思っています。今から楽しみにしています。(世田谷区/篠田さん)

■「今に伝わる心意気探訪」というサブタイトルがとても好きです。“粋”という概念が生まれてからどんなに月日が経とうとも、その心は今も人々の心に息づいているのですね。これからは、生活の中に小さな“粋”を見つけていきたいと思いました。(中央区/永田さん) 

■個性的な五人の粋人たちの言葉に、意志と心意気を感じました。自分をしっかり持って、思いやりを持つ余裕のある人こそ“粋人”なのかもしれませんね。(江東区/山瀬さん)

■森山良子さんのインタビューに励まされました。美しく力強い歌声は、森山さんの心を表しているようです。常により良い自分を目指し、成長していく森山さんのパワフルで前向きな姿を見習いたいと思いました。(品川区/高瀬さん)

■表紙のひまわりの色鮮やかさに、いかにも夏! という印象を受けました。爽やかな黄色に、子どもの頃の夏を思い出しました。(八王子市/上原さん)


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内