アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

薬膳レシピ

白菜のサラダ 2007.02.06
Share

五味子酢を使ったドレッシングがポイント 

● 材料(4人分)
白菜 3枚(1cm幅に切る)
せり(春菊や水菜でも ) 1/2束(3cmに切る)
菜の花 1/3束(さっと茹でる)
人参 30g(細く千切り)
白木耳(しろきくらげ) 適量(戻してちぎる)
ウズラ豆(茹でたもの) 120g
ドレッシング(レモン汁 大2、五味子酢 大3、
料理酒 大1、コショウ少々、粒マスタード 大1、しそ油 大3)
麻の実 大さじ5
 
● 作り方
1.ドレッシングを合わせておきます。

2.用意した材料をあえてすすめます。

 

*白菜はアクが無く臭いも無いので生食に適した野菜です。ドレッシングには自然の果物から絞る酢や梅酢が合います。ただしお酢は真夏以外には取り方に注意が必要です。(例えば、酢を飲む健康法などは、女性には適さないのです。)しかし、春先から初夏では五味(酸・苦・甘・辛・塩)の中でも、体が必要としている味ではあります。五味子酢にすれば理想的です。

 

■ 五味子酢の作り方
700mlの米酢に10g(大1、1/2)の五味子を入れ(酢のビンに直接入れて良い)24時間放置した後、これを漉して五味子を取り出し、取り出した1割をまたビンに戻しておく。はじめに入れた10gの五味子を全部ビンに入れたままにすると苦みや渋みが溶け出して味が悪くなるので注意!

 

■ 春~夏ににオススメの生薬 「五味子」(ごみし)
五味子は、モクレン科のチョウセンゴミシの果実で、成熟した果肉は、酸味のなかに、少しの甘みがあり、種子は辛みのなかにやや苦味があるのが特徴です。酸、苦、甘、辛、塩の五つの味を備え持っています。主な成分は、精油、有機酸、ビタミンA、Cなどです。

■ 性質・食効
薬効範囲も非常に広く、中国ではいろいろの処方に使われています。喘息の発作、肝炎の予防と治療に大きな可能性を開きました。また、視力の改善、視野の拡大、聴力増進、疲労回復、心筋の収縮力を強める強心作用があります。立ちくらみや寝起きの悪さといった症状を伴う本能性低血圧にも効果があります。その他、五味子には体内の水分を失わないようにする固渋作用もあることを利用し、自律神経失調症、慢性の下痢、瀕尿などの改善にも用いられます。そして抗菌作用を持っているので多くの感染症に応用でき、長く使用しても副作用の心配はありません。

■ 五味子を使った飲み物「五味子サワー」

● 材料
五味子10g
クコの実5g
大棗(なつめ)5個
水2カップ


作り方:土瓶など(アルミニュームや鉄は不可)に用意した材料を入れ、中火から沸騰させて、沸騰後は、とろ火で30分~40分程煮出して漉して仕上げる。


飲み方:一日に2~3回適宜飲みます。酸味が強ければ、はちみつや羅漢果エキスなどの甘味料を入れるといっそう飲みやすくなります。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内