アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

薬膳レシピ

梨の生姜煮 2007.02.07
Share

乾燥の季節に効果的!

●材料 4人分
梨 2個
粒コショウ 8~12粒

A
 生姜(皮のまま薄くスライスする) 30g
 水 3カップ

B
 蜂蜜(羅漢果エキス大さじ1でも可) 大さじ2
 水 3カップ
 シナモンスティック 2~3本
 松の実 大さじ1

 

 

●作り方
1.Aを鍋に入れ、沸騰後2~3分そのまま煮立てた後、冷ましておきます。


2.梨は、4等分して芯と皮を除き、外側に粒コショウを2~3粒埋め込んでおきます。


3.Bに2 の梨を加えて柔らかくなるまで20分~30分煮た後、1 を漉した汁を加えてそのまま冷まします。


4.銘々の器に、梨を2切れ程入れ、たっぷりの煮汁をかけ、松の実を散らしてすすめます。


*蜂蜜を使用したのは見た目の美しさを演出する為で、黒くなっても良い場合は羅漢果液でも可。羅漢果はもともと喉の薬なので、呼吸器の治療が目的ならこちらの方法をお薦めします。冷やす性質の梨、温める性質の生姜、シナモンは絶妙な組み合わせです。

 


◆薬膳一口メモ!
梨は体を冷やす性質が強いのでその食法には注意が必要です。ただし、その性質を利用してのどが腫れて痛む時、発熱、口内炎、二日酔いには、絞り汁を飲むと良く、糖尿病体質にも良い果物です。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内