アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

薬膳レシピ

参鶏湯(サムゲタン) 2007.02.08
Share

●[材料](4人分)
朝鮮人参 …… 12g
大棗(なつめ) …… 8個
丸餅 …… 4個
大根 …… 6cm
里芋 …… 4個
壬生菜(小松菜) …… 4個
昆布出し汁 …… 5C
白味噌 …… 40g
塩 …… 少々
柚子 …… 小1個
(皮のすり卸しと絞り汁を用意)

 

●作り方
1.朝鮮人参は2カップの水に浸して一晩おき、柔らかくなったら刻みます。(水はとっておく)


2.鶏は綺麗に中を洗い。ザルにあげておきます。


3.もち米も洗い水切りしておきます。


4.にんにくはうす皮をむき、栗も皮をむきます。


5.鶏の首の皮を楊子でとめるか、たこ糸で縫い、お尻の方から、もち米、にんにく、栗を詰めて糸でしっかりと縫い付けます。


6.厚手の深鍋に5 の鶏とたっぷりの水を入れて沸騰させ、トロ火にしてアクをすくいながら煮ます。スープがすんできたら人参となつめを加え約3時間程気長に煮込みます。最後に人参を浸しておいた汁を加えて仕上げます。(人参の戻し汁は特に滋養強壮になるので大切に扱います。)


7.鶏とスープを取り分け調味料を各自、好みの量を加えながら、あつあつを頂きます。(始めから汁に味をつけずに仕上げます。)
*写真のように、ひな鶏は丸でなくても骨つきのブツ切りでOK。骨まで黒い、烏滑鶏ならもっと良いでしょう。

 


■ 冬にオススメの穀物
「もち米」(漢名:儒米 じゅべい)
 日本では昔から神仏の供え物にするなどの年中行事に欠かせないもの。お正月のお雑煮や鏡餅、節句や祝い事のお赤飯など用途は広く、食生活から生活習慣にも深く関わりを持ってきました。


 

◆性質・食効
体を温める作用が強いので、体力がなく疲れやすい人、低体温、冷え性の人に。また、粘り気があり普通のお米より消化に時間がかかりますが内臓下垂の人にはかえって良いとされています。利尿抑制作用があるので夜中に何度もトイレに起きる人、おねしょをする子供などに毎日食べさせたい食材です。反対に膀胱炎やリューマチ、喘息のある人や便秘性の人は食べない方が良いとされています。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内