アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

薬膳レシピ

梅正番茶/生姜の葛湯 2008.01.06
Share

●梅正番茶 材料1人分

梅干し(中)……1個
醤油……小さじ1
生姜汁……2~3滴
熱い番茶……適量(茶碗1杯分)

●生姜の葛湯 材料4人分

葛粉……大さじ4
水……3カップ

生姜……1片(摺り下ろす)

● 梅正番茶の作り方

① 中位の大きさの梅干しを湯のみ茶碗に入れ、箸で種と身をほぐしておきます

②  ① に醤油を入れよく練り合わせ、生姜汁をおとして混ぜます。

③  良く湧かした熱い番茶を注ぎ入れ、熱いうちに飲みます。

●夏バテしやすい方は毎朝一番に飲み続ければ元気が出てきます。梅干しは、自然塩を使用して製造されたものを用いましょう。

 

● 生姜の葛湯の作り方

① 水に葛粉を入れてよく溶かし、中~弱火にかき混ぜながら沸騰させて、全体が透き通ったら火を止めます。

②  温めておいた器に装い生姜汁を加えて熱いうちにいただきます。

●真夏や秋口のクーラーで冷えた体を温めたい時におすすめです。葛粉と生姜で冷えた腸を温めます。

 梅生番茶に用いる番茶は、500ccの水に三年番茶(自然食品店にある)大2を入れ、沸騰後弱火で15分煮だしたものを漉して使います。三年番茶はタンニンが少なく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めます。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内