アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

薬膳レシピ

なしと黒豆の杏仁豆腐 2008.01.06
Share

●材料 10人分

A 棒寒天…1本 水…1カップ

B ライスドリーム…240cc、甜杏仁粉…小さじ2
     羅漢果液…大さじ1
黒豆…1/2カップ

C 水…1 1/2カップ、塩、酒、羅漢果液各少々

D 梨…中1個

E 羅漢果液…大さじ1、酒、塩、ブランデー少々

F 豆乳…2カップ、羅漢果シロップ…大さじ2(合わせておく)

G クコの実…大さじ1、ミントの葉…10枚

※羅漢果シロップが無い場合は、はちみつやメープルシロップで代用します。

●作り方

① 寒天をもみ洗いしてちぎり、分量の水に1時間程浸しておきます。

② 黒豆はCで一度沸騰させてそのまま一晩置き、翌朝又沸騰させて柔らかくなるまで煮て冷ましておきます。

③  ① にBを加えて混ぜながら5分程沸騰させてから鍋底を冷やしてあら熱をとり、良く混ぜて流し缶に入れて冷やしておきます。

④  梨の皮をむき、1.5センチ角に切り、3カップの水とEを加えて弱火で15分~20分柔らかく煮て、冷ましておきます。

⑤ ③  を角きりにして② 、④と合わせて盛り付けFを注ぎ、Gを飾り、すすめます。

 杏仁は、アンズの種子で肺と大腸に対して働くので咳咳や痰をを止める効果や、腸を潤して便の排泄を促す効果があります。効果は穏やかで老人性の便秘にも良く使われます。梨は初秋の乾燥の気候に適した食材です。風邪による喉の痛みなどにも良い。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内