アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

一万歩で行く気ままに歩き旅

城下町「小田原」 2015.04.08
Share

城下町「小田原」

 


 相模湾に面し、箱根から連なる山々に囲まれた小田原。温暖な気候に恵まれ、その穏やかな雰囲気と風光明媚な景色は人々を魅了し、伊藤博文など多くの偉人がこの地に移住したといわれています。また、戦国時代より城下町として栄え、多くの地場産業が発展しました。
 その生業が今も受け継がれる小田原は、春には藤や菖蒲が咲き誇り、散策にぴったり。今回は、小田原の新鮮な海の幸を味わいながら巡る、爽やかな春の旅をご案内します。

 

まずは小田原のシンボル「小田原城」へ。

 

                                              

小田原の街と海を一望、難攻不落の城「小田原城」

戦国大名・北条氏の居城であった時代に栄え、江戸時代には徳川幕府の関東要衝として重要な役割を担った小田原城。天守閣内部は古文書や武具など歴史資料の展示室、最上階は箱根の山々や相模湾が一望できる絶景スポットとなっています。城内を彩る四季折々の花も見ものです。

小田原市城内6-1 ☎0465-23-1373

●開館時間:9時~17時(入場は16時30分まで)
●休館日:12月第二水曜日、12月31日~1月1日 ●入館料(天守閣単独券):一般/410円、小中学生/150円

 

 

 贅を凝らした意匠と、庭園越しに望む景色を堪能「清閑亭」

                  

黒田官兵衛の直系にあたる政治家・黒田長成の別邸として建てられた清閑亭。数寄屋風の建物内では、当時のままの室内灯や意匠を凝らした板絵襖が楽しめます。庭園越しに街と海が一望できる「カフェ清閑亭」も併設。爽やかな潮風を感じながら、安らぎの時間を過ごしませんか。

小田原市南町1-5-73 ☎0465-22-2834

●開館時間:午前11時~午後4時 ●休館日:火、年末年始(臨時休業有)
●入館料:無料

 

 

創業127年、レトロな雰囲気が懐かしい老舗パン屋 「角田屋製パン」

 

                  

「変わらない定番の味を、一つずつ丁寧に作っていきたい」と店主の栁田さん。開業以来、パンは全て手作りです。きめ細かく柔らかい食パンを使った人気のサンドウィッチなど常時約40種が並び、その優しい味わいと温かな雰囲気が、地元の人に愛され続けています。

小田原市本町2-1-10 ☎0465-22-3314
●営業:8時~18時30分 ●定休日:日祝

 

 

登録有形文化財でいただく、創業明治26年老舗料亭の味「だるま料理店」

                   

常に客足の絶えない人気の老舗料亭。格調高く趣のある建物は、国の登録有形文化財に指定されています。書院造が基調の階上座敷、気軽な雰囲気の1階食堂では、活きのいい地魚と旬の野菜を使った丼や定食、寿司が味わえます。なかでも人気は、特注のごま油100%で揚げたしつこさのない天ぷら。ごま油香るえび、穴子、帆立など全6種の天ぷらがのった「天重セット」は、衣に濃いめの甘いタレがしっかりと染み込み、白飯との相性も抜群です。受け継がれる味と技を是非ご賞味ください。

小田原市本町2-1-30 ☎0465-22-4128

●営業:1階食堂/11時〜20時L.O.、階上お座敷/11時~19時最終入店 ●定休日:1月1・2日

 

 


米粉の蒸し菓子〝ういろう〟発祥の老舗「ういろう」

                 

歴史と伝統を感じる城のような店構えが目をひく「ういろう」。店内には、喫茶や外郎博物館も併設しています。室町時代より作り続ける銘菓「ういろう」は5種類(白砂糖・黒砂糖・小豆・抹茶・栗)。甘すぎない上品な味と、もちっとした食感が特徴です。

小田原市本町1-13-17 ☎0465-24-0560

●営業:10時~17時 ●定休日:水、第三木、年末年始 ●小田原駅東口より徒歩約15分 駐車場あり15台

 

 

 

小田原駅から電車で約10分、鈴廣「かまぼこの里」や「小田原早川漁村」も見どころです。

 

 

 「買う・食べる・遊ぶ」がテーマ「鈴廣 かまぼこの里」

 

 

慶応元年創業「鈴廣」が運営する「かまぼこの里」。常時200以上の鈴廣商品が並ぶお土産処のほか、食べ比べができる「かまぼこバー」、博物館も併設。職人によるかまぼこ手作り体験(要予約)も行い、かまぼこ屋ならではの楽しみ方を提供します。食事処は4つ。「えれんな ごっそ」では「小田原の色いろなごちそうを味わってほしい」と、地元食材をバイキングスタイルでご用意。鈴廣のかまぼこが食べ放題なのも嬉しいポイントです。買って、食べて、見て、小田原の伝統と食文化を楽しんでみては。

小田原市風祭245 ☎0465-22-3191
●営業:鈴廣蒲鉾本店/9時~18時
●無休 ●箱根登山鉄道「風祭駅」直結

 

 

赤い提灯が目印!漁港グルメのテーマパーク「小田原早川漁村」

 

 

「折角小田原に来ていただいたのだから、新鮮な魚介を食べてほしい!」と、小田原港を目の前に5店舗が集まる「小田原早川漁村」。牡蠣のがんがん焼きや新鮮な魚介類など40種類以上が食べ放題の海鮮バーベキューをはじめ、魚屋直営だからできる朝獲れ旬魚の贅沢な楽しみ方が人気です。春は、しらす市場の「3色丼」がおすすめ。さっぱりとした「生しらす」、秘伝のタレにつけた濃厚「沖漬けしらす」、ふんわり食感「釜揚げしらす」3つの味が楽しめる贅沢な逸品です。

小田原市早川1-9-6 ☎0465-24-7800

●営業:10時~22時 ●年中無休 ●JR東海道本線「早川駅」より徒歩約5分

 

 

 

 

 

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内