アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

星さいかさんのEasy English

~連載78~ ちょっと役立つ!?ラクラク英会話~旅編~ 2018.12.10
Share

  ハッピー   ニュー  イヤー

Happy New Year.

 

 

クリスマス時期、年末~正月に海外旅行なんて方、いらっしゃるかと思います。

海外もクリスマス休暇に入り、「暖かい国へ旅行にきた」なんていう外国人と旅先の街や観光地で遭遇することもあります。

同じ旅人同士、この時期、去り際(別れ際)に挨拶を交わすことや、現地で声をかけたりかけられたりなんてこともありました。

クリスマスの時期だと、ヨーロッパなんかは、街中もクリスマスっぽくなっていて、なんとなくお互いにかけやすい言葉が

 

メリークリスマス

Merry Christmas.(クリスマスおめでとう)

 

日本でも定番です。

ですが例外もあります。例えば、国によってはクリスマスは祝わず、年末年始の休暇というケース。

キリスト教の方がたには上記の「Merry Christmas」を使ってOK。

でも、宗教によってはNGになることがあるのだと頭の片隅においておくと良いと思います。

その場合には

現地の方になら

ハブ ア ナイス ホリディ

Have a nice holiday. (よい休暇をお過ごし下さい)

旅人同士なら

ハブ ア ナイス トリップ

Have a nice trip.(良い旅を)

 

なんて言葉がよいかなと。

 

また、新年にひっかけて、年末にかけては、“have”を使ったこちらの表現も使われますよね。

ハブ ア ハッピー ニュー イヤー

Have a Happy New Year.(良いお年をお迎えください)

 

新年を迎えたら、おなじみのこちらをどうぞ。

ハッピー ニュー イヤー

Happy new year.

 

せっかく、この時期だけ使える表現ですから、一言挨拶してみることにも挑戦してみてください。

飛行機を降りる時に、フライトアテンダントさんに一言声をかけるとか、ホテルの受付の人に去り際に一言いってホテルを去るとか、コミュニケーションがとれることで、新年がより楽しいものに変わるかも。

ぜひ、時期、場所、状況に応じて、年末年始に使ってみてください。

日本でも、海外からのツアーの方々に、皆さんから声をかけてあげられる場面があるかと思いますよ!

海外でしか使わないなんてもったいない!ぜひ、日本でも実践してみて下さいね。

 

それでは、また次回! See you next time!

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内