アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

星さいかさんのEasy English

~連載91~ ちょっと役立つ!?ラクラク英会話 2020.06.22
Share

アイム      ゲティング オフ

I’m  getting off.

 

今回の表現は、日本で日常に使ったことある方も多いのではないかというものの、英語版。

アイム ゲティング オフ

「I’m getting off.(降ります)」


電車やバスで、降りる時にドアの前に人がいて、スムーズに降りれないことって、ありますよね。

海外への旅、添乗員同行のパッケージツアーですと移動は基本、団体なのでバスなどで行いますので、あまり必要ないかと思われるかもしれません。

ですが、行程内にフリータイムがあることもあります。がんばって電車やバスで街中にいくこともあるかもしれません。
また、ホテルでは、エレベーターには大抵、乗るかと思います。

ソーシャルディスタンスが必須でなかった時代には、満員エレベーターは時間帯によりかなりありがちでした。

これから先はどうなのでしょう?それは私も現時点ではわかりませんが、一応過去に経験した例を紹介します。

客室界に行くのに先にエレベーターに乗ったので、エレベーターの奥の方に立っていました。さて、チーンと到着音がなり、いざ自分の利用階で降りようと思ったら前には人。それも、その人たちはその階では降りない!

でも、降りないといけないわけですから、“私が下りる人です”アピールをして、通してもらわないといけません。
このシチュエーションは、私も実際に体験しました。

そんな時に、相手に自分の行動を伝えるための便利な表現がこちら。

アイム ゲェティング オフ
「I’m getting off. 」

 
「降ります!」という意思表示の表現です。

「私は降ります!」という風に周りのみんなにわからせるなら、単体で元気よく言ってください

もし、前にいる人に、「あの~降りたいんですが、よいですか?」のようなテイストで使う場合には、


エクスキューズミー アイム ゲティング オフ

「Excuse me. I’m getting off.(すみません、降りたいんですが)」


という風に前に「すみません」にあたる“Excuse me”をいれる流れだとよいかと思います
「どいてよ!プンプン」のような強い口調で言ってしまうと、好感度がないのでNG!
あくまで“Excuse me”は「あの~」とお伺いをたてる感じで言い、「降ります」は意思表示はっきりで、言ってみてください。伝わるはずですよ。

 ちなみにもちろん「Excuse me.」のみで、ドアを指さしたりすれば、出たいのだなとはわかるかと思います。

一応、よりきちんと伝えらえるフレーズが今回の「I’m getting off.」です。

日本でも、海外からたくさんの方が来年には見えるかもしれません。その時には、日本にいても、電車とかでわたしたちが使う場面があるかもしれませんね。

それでは、また次回! See you next time!

 

星さいか 「ウルトラマンガイア」XIGオペレーター(鵜飼彩香役)、NHK「英語であそぼ」(チャチャの声)などを経て、現在は歌と朗読のライブなどでも活躍中。
著書に「海の北斗七星」「101号室の謎を追え!」ほか(光文社の電子書籍にてURL:http://www3.kobunsha.com/kappa/
 
■星さいかのときめきダイアリー 活動や日々を綴った星さいかのブログです。
 

■星さいかTwitter:@HoshiSaika

■オリジナルミニCDアルバム「君へ~for you~」夢と希望、せつない愛のバラードなど、オリジナル6曲入り

amazon他、音楽ショップにて好評発売中


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内