アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム7月号 2018.07.19
Share

 

 

 

はいから薬膳    2018年7月号

■文月:7・・・

7月サルスベリ7月月桃

7月梅ジャム7月梅酵素

画像:サルスベリ、月桃、種入り梅ジャム、漢方入り梅の酵素

早い梅雨明け・・・観測史上、最も早い梅雨明けとなった7月、梅雨の時期が極端に短く夏に向かう準備ができない内に、真夏に突入しました。

サルスベリの花も一段と早い開花です。

昨年、知人のお庭から移植した沖縄の「月桃:ゲットウ」に、新しい新芽が出て日ごとに大きな葉に成長しています。沖縄の郷土料理「月桃餅」が今年はつくれそうで、楽しみです。

梅は豊作の様で、我が家の完熟梅を酵素やジャムに仕込み、夏の体力維持に役立てようと今年も仕事の合間に「梅仕事」に励みました。

特に、今年の梅酵素は、漢方薬を10種類ほど加えて、現在、発酵を促進させて、時々お味見をしながら、秋口まで様子をみています。

梅ジャムは、梅の種も加えて種からの有効成分(浄血のビタミンB17)がジャムに浸透することを期待して瓶詰にしました。

パンに、ドレッシングに、カレーのチャツネにと・・・いろいろ使えるので梅仕事は楽しみと美味しさと、ちょっと欲張った趣味の一つかもしれませんね!

 

7月の薬膳

夏の時期に苦しい五臓の心、小腸には、五味の「苦味」が効果的。

なので、苦味の強い食材や飲み物を上手に取り入れましょう!ゴーヤ、緑茶など。

この暑い時期のおすすめの三種類のお茶をご紹介します。

ビワ、スギナは、身の回りにある身近な薬草ですので、お気軽にお試しください。

7月比茶7月スギナ7月ロン

画像:枇杷茶、スギナ茶、龍井茶(ロンジンチャ)

 食生活にお茶を上手に取り入れると、

健康効果が意外とアップするので早速実行してみましょう!

 

 

                                                        

真夏のお茶(三種類):枇杷、スギナ、龍井茶

 

◎枇杷葉茶:ガン、気管支炎、神経痛、疲労回復に仏教伝来の奈良時代からの民間療法です。

いまは昔のお江戸のころ・・・熱をさます暑気あたりの予防薬として古くから用いられていました。前の年の11月に花をつけ、梅雨の頃に実を結ぶ。この時期に、ビワの実を食べればおなかのお掃除ができて夏の暑さに負けない体作り、そして前の年の古い葉をとり乾燥させ、煎じてお茶として飲めば主成分のアミグダリン(ビタミンB17  )が浄血を促して病気や夏の暑さに負けないからだにしてくれます。

その他、乾燥と寒さの冬の養生茶として、枇杷葉茶を効率よく使ってインフルエンザ対策にも役立ち、気管支炎、神経痛、疲労回復に 仏教伝来の奈良時代からの民間療法です。

性 味

帰 経

効能と適応

甘、酸、涼

脾、肺、肝腎

潤肺、止咳、生津、止渇、降気、化痰、和胃

成分:クロロゲン酸、βーカトテン、キサンチン、アミグダリン、ビタミンK、リンゴ酸、クエン酸、タンニン

 

◎スギナ茶:トクサ科の多年草のシダ植物

すぎな、その力強いエネルギーが人間の身体にも素晴らしい効能を与えてくれるスーパー野草。

 数百年も前から漢方としても用いられるほどの立派な薬草でもあるのです。

ドイツの専門家は「あらゆる病気に効果がある植物」と紹介。ガンにも効果があるとすら述べられている。特にヨーロッパでは昔から民間薬として活用されてきました。

すぎなの栄養素と効果効能

すぎなという名前は見た目が杉の葉に似ていることから由来し、漢方では問荊(もんけい)として昔から知られています。

ビタミンA、C、E・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・鉄・リン・亜鉛・サポニン・葉緑素・ケイ酸などが豊富に含まれているミネラルの宝庫です。

すぎなはほうれん草に比べて、カルシウムは155倍、リン・カリウムは5倍、マグネシウムは3倍と驚くほどに栄養素が豊富です。

1.デトックス 2.利尿作用 3.肌の調子を整える 4.コレステロールの低下

5.高血圧の予防 6.自律神経の乱れを整える

組織同士を結びつける作用をもつケイ酸やビタミンEの成分が、美肌効果・爪や髪を美しく保つ。

 

◎龍井茶:ロンジンチャ

中国浙江省の杭州市は日本の緑茶の産地、静岡県と姉妹都市を結んでいる中国唯一の緑茶の産地です。日本の夏と同じように高い気温と湿度のために、苦味の強い緑茶:ロンジン茶を去暑薬として夏の常用ドリンクとして愛用しています。

街を歩く人、タクシードライバーなど皆、ロンジン茶のペットボトルを携えています。

苦味は暑さに弱い心臓にも必要な五味なので、中国の龍井茶、又は、日本の緑茶も簡単な水出しで作ることができますので、猛暑の時期にはお役立ちのお茶としておすすめいたします。

 

2018年7月 加藤 ゐくこ Family62 コピー及び転載を禁止いたします。

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内