アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム9月号 2019.09.20
Share

はいから薬膳 2019年9月号

 

9月の養生・・・

susukiyakuzen

9yakuzen9gatu

 

9月も残暑が厳しい時期を過ごし、やがて9月の雨が続く・・・異常気象の現代では台風や長雨などで、思いがけない事態に見舞われますので、日ごろから万全の備えをしなければいけません。

日没が早まり、12月の冬至に向かって昼間の時間が次第に短くなり、夕方から明け方の冷え込み、9月も後半には、長袖・長ズボンのパジャマ(必ずパジャマで足をカバーします)そして、首にはスカーフやタオルを巻いて御休にください。

 

■首を温める健康法

50年間で0.7度も体温が下がった日本人。

近年の日本人の平均体温は36.2℃。1950年代は36.89℃でしたから、この50年間で0.7度も下がっていることになります。

体温が1度下がると免疫力は約30%低下すると言われます。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーが増えたことにも、低体温は大きく関係しているとされます。

ではなぜ、体温が高いと免疫力が高まるのか?それは「血流が良くなる」ことと「酵素が活性化する」からです。

血液の流れが良いということは、免疫の要である白血球がいち早く体内の異状に対処できるということ。

また、血液が運んでいる酸素や栄養素が、体内の隅々(すみずみ)にまで行き渡ることで、細胞の修復も素早くスムーズに行われます。

「首」と名のつく箇所を温める

昔から「全身を温めるには、首と名のつく箇所を温めるといい」といわれます。

実際に、手首や足首、そして、首そのものを温めると、からだ全体がポカポカしてきた、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

特に首を温めることは、頭とからだをつないでいる神経や血管の要所を温めることでもあるので、免疫力や自律神経のバランス調整機能がグンッとアップします。

首に「副交感神経センター」という重要なポイントがあるとされ、人間の副交感神経の働きをつかさどる、 大切な場所が脳にきわめて近い首の上の部分にあるからです。

首のこりによって副交感神経の働きが阻害されるというのは、 実は首の上部にある副交感神経センターの働きが、首の筋肉の異常、すなわち首のこりによってその働きを阻害されるからなのです。

 

副交感神経は、心身をリラックスさせる自律神経。

複雑な人間関係や、自然から遠い生活環境、身近にあふれる電磁波などにより、慢性的なストレスにさらされている現代人にとって、副交感神経優位の生活環境は、健康を保つためにとても大切なことです。

実際、首を温めてこりがほぐれてくると、それまで感じていた心身の不調がいつの間にか和らいできます。

首が温まると、からだ全体が温まり体温が上がり、首がやわらかくなると、副交感神経のはたらきが良くなる。つまり、首を温めてやわらかくすることは、免疫力を高め、自律神経のバランスを調えるために、とても効果的な健康法なのです。

どうぞ、お休みになるときは、必ず首にタオルやマフラーを巻いて御自身でその効果をお確かめください。

 

9月の薬膳

オクラはアオイ科のアフリ東北部の原産で、日本には幕末から明治初期に伝わったとされています。

特徴は独特のヌメリで、主な成分は食物繊維のペクチンと多糖類のムチンで、たんぱく質の吸収を助け、整腸作用があり、夏バテに良いとされています。

季節の果物、乾燥する秋に呼吸器を助ける梨と組み合わせて、肺の養生に良い辛みである芥子を加えて和えてみました。

秋の症状、呼吸器、肺の弱い傾向の方は是非、お試しくださいませ。

 

涼拌秋葵:オクラの芥子和え

オクラ

《材  料》4人分

オクラ 150g

梨(中サイズ)1/2個

A ゴマクリーム100g

    マスタード30g

  くこみりん大匙2

B ミョウガの梅酢漬け 2個(細く千切り)

 

《作り方》

①   オクラは塩もみしてガクを除き、塩入熱湯にさっとくぐらせて、ザルに広げて冷まします。(緑色がきれいに残るように)

②   Aを滑らかに合わせておきます。

③   ①を食べよい長さにカットして、②で和えます。

④   器に盛り合わせて、Bを天もりして仕上げます。

 

◎食材解説

食材

性味

帰経

効能

オクラ

アオイ科トロロアオイ属

平、苦、甘

腎、脾胃

健脾、生津、消食、潤腸

適応:虚労、腹膨満、津液不足、口渇、便秘

 

涼、甘、微酸

肺、脾胃

生津、潤肺、清熱、化痰、止咳、潤膚

適応:口渇、痰の多い咳、煩渇、声かれ、肌あれ、咽喉疼痛、胃陰虚による胃痛、酒酔い

ミョウガ:茗荷

温、辛

肺、大腸、膀胱

温中、理気、袪風、止痛、消腫、活血、調径

 

参考文献:食物性味表

2019年9月 加藤ゐくこ FAMILY62  


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内