アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム3月号 2020.03.17
Share

■春は足踏みしながらやってくる

新型コロナウイルスで生活の基盤がゆらいでいますが、季節は限りなく優しく自然の歩みで春を運んできてくれます。

異常気象でしょうか、桜の開花も予想以上に早まりましたが、今年はお花見の楽しさもどうやら見合わせの方向になりそうですね。満開のサクラをお届けしましょう!

                                 薬膳3月_1

 

明るさを呼び戻す黄色の花々を見つけました!黄色の花から陽気を頂いて元気になりましょう!

               薬膳3月_4 薬膳3月_2

 

                                          薬膳3月_3

どれもそれぞれに薬効がありますので、上手に生活に生かして、免疫力を高め、ウイルスに負けない元気な体を取り戻します。

身近な食材や薬草、木の実などを上手に取り入れると、現在のコロナ対策にも役立ちます。

特に、今の時期、清熱解毒の効能に注目です。

食材名

性味

帰経

効能

連翹:レンギョウ

モクセイ科レンギョウの果実

薇寒、苦

肺、心、胆

清熱解毒、消廱散結

山茱萸:サンシュユ

ミズキ科サンシュユの果実

微温、酸、渋

肝腎

補益肝腎、収斂固渋

菜の花:油菜花

辛、温

肝、肺、脾

健脾、利水、止血、養肝、

明目

 

3月の薬膳:免疫力向上の食材:山芋

昔、まだ、今のように動物性の食材が豊富になかった時代では、活力を増して、精力をつける山芋が日常よく食卓に登場していました。

現代では、特に世界中で感染者が増えている新型ウイルス対策として、免疫力を高めることが必須となっていますので、今月は山芋のメニューをご紹介しましょう

油で揚げて、甘酢をからめていますので、ちょっとしたおもてなしの一品にもおすすめできます。

是非、お試しくださいませ!

 

山芋の甘酢あん炒め:免疫力向上におすすめ

《材  料》6人分

長芋 500g

片栗粉 適量                

干し椎茸(中)3枚(浸水させて、戻す)

パプリカ,赤 1/2個(4×2cmの短冊切り)

エンドウ50g(茹でて斜めに切る) 

A 山椒の実 小1

B 鷹の爪1本(種を除き輪切り)

生姜 1片(みじん切り)

  ニンニク1片(  〃  )

C 胡麻油 大3

D 醤油大2、枸杞みりん 大3、五味子酢 大4、塩少々

  薬膳だし汁 1C

E 葛粉 大3、水大4

 

《作り方》

①   長芋を厚さ1cm、2×6cmに切り塩、コショウして片栗粉をまぶして油で揚げておきます。(きり方は飾り切りにすると良い)椎茸は幅5mmの千切りにします。

②   フライパンを熱してCを温め、Aを加えて香りを油に移して山椒の実を取り出し、Bを加えて、さらに炒めます。

③   ②に①を入れて油を絡めてから、椎茸、パプリカを加えてさらに炒め、Dを入れて強火で沸騰させて全体に絡めて味を確認し、エンドウを加えてからEでとろみをつけて仕上げます。

 

  • 山芋について、生薬名 山薬:補気薬

性  味

帰  経

薬理作用     効  能

甘、平

肺、脾、腎

血糖降下、補脾胃作用、補肺腎作用

糖尿病治療作用

効能;胃腸機能を高め肺を補う、腎を固める。

主治;脾陽虚による下痢、身体虚弱による咳嗽、糖尿病、遺精、帯下、頻尿に。

 

 

2020年3月 加藤 ゐくこFamily62 コピー及び転載を禁止いたします。


添付ファイル
Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内