アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

日本人に合った日本の食事。食べる文化を伝えたい。 2009.03.04
Share

日本人に合った日本の食事。食べる文化を伝えたい。

 

【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら

 

大変驚いているのですが、前回のお知らせで栄養士さんによってカロリー計算された食事の通販カタログ「ヘルシーシェフ」の申し込みが、連日届いています。こんなにたくさんの人が僕の原稿を読んでくれていることにまず驚き、そして健康、長寿、美容のための食に関心ある人の多さにも。簡単で、しかもおいしいというのも人気の秘密なのかもしれません。

 

 いい物を少しずつ食べるのが長寿の秘訣で、添加物や旬を無視した遠くの食べ物を、いつもお腹いっぱい食べている現代人は、短命になるそうです。人間が生き延びるために、空腹をしのぐ機能は備わっていても満腹が連続するような時代はなかったので、体が戸惑っているのでしょう。長寿で有名だった沖縄では、若い人から先に逝ってしまう「逆さ仏」が増えているといいます。

 

 戦後、生活様式が大きく変わり、早くにアメリカ的になったところから、食の問題が表れているように思います。粗食に見えるけれど、よく考えられていて体にとてもいい日本の食事。食べる文化が途絶えてしまったことが様々な問題を引き起こしているようです。その土地で、その季節に採れる自然の恵みを頂き、工夫された保存や調理の方法で食卓を豊かにしてきた日本の生活文化が伝承されなくなってしまったことが残念ですね。

 

 生活の様式すべては困難でも、せめて食だけは日本人にあった、本来の姿に戻さなければと思い、自分で食べるための有機無農薬の畑を耕しています。といっても森の中に自分で建てたログハウスの周りに、100円ショップでてんこ盛り買ってきた野菜と花の種を混ぜて、おりゃぁ〜とばら撒いただけで、後はまったく何にもしないほったらかし自然農法。過酷な自然の中で芽を出して育ってくる、たくましい野菜だけを頂こうという魂胆です。はてさてどうなることやら。いまのところまったく兆しが見えません。結局僕がやりたかったのはこんな自然暮らしだったのだ、と満足の毎日です。
 
■清水國明(タレント・自然暮らしの会代表)

 

【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内