アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

いいものがいつまでも輝くエバーグリーンパラダイス 2009.07.29
Share

※この記事は、2008年3月発行号の【はいからEst】に掲載されたものです。

 

【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら

 

 森光子さんがいつも若々しく活躍しているのは、いい活躍の場があるから。何事も場が大事、という話です。


 たとえば芸能人は、いい劇場で、満員のお客さんの前に立っているうちは、年老いることはありません。けれどお客さんが少なくなり、場末の劇場で地味に出演し始めると、たちまち、どっと老けてしまう。そのとき満員の大きな劇場を無理矢理にでも用意することができたら、温室栽培の野菜や果物のように、季節に関係なく、花も実も付けることができるのです。そんな、いつでも旬、の状態を保つことができる不思議な場を創造したいと思っています。


 めまぐるしく栄枯盛衰が繰り返される世界で使い捨てられてしまう、いいもの、もったいないもの、をたくさん集め、アンチエイジングでエバーグリーンなパラダイスを建設するのです。大晦日に「年忘れにっぽんの歌」という番組がありますが、歳を忘れて元気になる「歳忘れにっぽんの歌」を毎日聞くことができる劇場なんてのはどうでしょう。全国ツアーに膨大な舞台装置を持ち歩いていた労力を常設劇場に集中させ、集大成としての最高のステージを作ることができる自分の劇場を持ってもらいます。この夢の実現には、投資家が喜んで参加してくる、よくできた事業計画と、みんなで理想郷を創り上げようと集う芸能人のノリが必要です。


 僕はその二つが気持よく出会える場をつくろうとしています。これが意外と、思ったよりスムーズに進行してゆく気配です。そんなことが実現したらいいなぁ、と思う人が増えるほど、夢は現実に近づいてゆくのだそうです。今の世の中は、こんな風になったらいいなぁと思う人たちの意識が集合した結果、こうなったのですから、みんなが想ってくれるだけで、この構想は現実になります。今この時点で、いいものがいつまでも輝いている劇場の街が、本当に実現したらいいなぁと思ってくれた人たちをオープニングに招いて、共に喜びたいと思っています。

 

■清水國明(タレント・自然暮らしの会代表)
お問い合わせ /自然樂校 TEL 0555-73-4116 


 

【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内