アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

自然暮らしの素晴らしさを新番組で紹介したいですね 2009.07.31
Share

※この記事は、2008年4月発行の【はいからEst】に掲載されたものです。

 

【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら

 

 富士山のふもとで始めた自然暮らしを支えている我が家の収入の柱は、「自然樂校」と「森と湖の楽園」の収益です。と言いたいところですが、実は赤字続きで、全く貢献してくれていません。相変わらずの芸能活動でその分をなんとか補てんする、という綱渡り生活なのです。


 こんなはずではなかった。悠々自適のスローライフはどこへ行ってしまったのでしょうかね。やっぱ深い森の奥までたくさんのお客様を呼ぶのは、無理だったようです。一度でも現地に足を運んでくれた人にはそれなりに満足してもらえているようなのですが、夏の繁忙期以外、特に冬なんて、ほとんど人が来ません。こんなところで通年の営業という計画自体に大きな無理がありました。地理的なマイナス要因を克服して、経営を立て直す方法を、この冬ずっと考えていました。

 

 すでにIT関連で上場を果たした友人は僕に「小さな、他人のふんどしを、たくさん」という、成功ビジネスの秘訣を伝授してくれました。なるほどと感心しているとき、テレビショッピング番組の司会の話が舞い込んできたのです。これだっと思いましたね。いままでは、この手の番組に出演するのはどうも抵抗がありました。気持ちがこもっていないヨイショを、背に腹は変えられないから、無理して笑顔でやっている芸能人の人たちが、痛々しくすら見えたのです。けれども、です。もしその番組で、本当に気に入っている、例えば自分が開発や販売に関わっているような商品を紹介するのだったら、もっと真剣に、気持ちをこめて出演することができるでしょう。


 森の中でやりたかったのは、人の暮らしにもっと自然を活かし、心と体を丸ごと健康にする自然暮らしをススメること。今回の番組出演では、僕が自然暮らしの中で出会った「いいモノ・いいコト・いいヒト」を紹介させてもらえるので、これは起死回生のチャンスかもしれません。心をこめて、自然暮らしのお役立ち情報をお届けしようと思っています。

 

■清水國明(タレント・自然暮らしの会代表)
お問い合わせ /自然樂校 TEL 0555-73-4116 

 
【清水国明さんのスローライフのススメ】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内