アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

年齢や国境を越えて国際力を身につける「国際教育村」が誕生 2013.03.14
Share

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 富士山の裾野、富士河口湖の「森と湖の楽園」がある一帯が、「国際教育村」になります。

 英語で運営されている保育園、幼稚園、そしてこの四月に開校するフィンランド式教育の小学校があって、自然楽校や、健康長寿を応援する国際健康文化専修学校もやがてスタートするという、広大な敷地を有する国際的で全世代を対象にした教育村が出現するのです。まさに「ゆりかごから墓場まで」を網羅する、全方位施設群。 

 その中で我々もこの国際化の波に乗り遅れまいと、海外からの旅行者、主にバックパッカーと言われる簡易で安価な宿を求める若者たちのニーズにも応えられる受け入れ態勢を整えています。

 泊まる施設は既にあるのですが、問題は英語での対応です。せめて、毎日英語の幼稚園で過ごしている息子の国太郎程度の英語力があれば何とかなるのですが、僕らは中学校から何年も英語を学んできたはずなのに、未だに外国からの人の前では頭の中が真っ白になり、立ちすくんでしまいます。

 ここにきてようやく言語は、「習うより慣れる」だと思い知ったのですが、時すでに遅し。でも、この多国籍な環境の国際教育村を終の棲家として過ごしているうちに、英語力を超えた相互理解力がいつの間にか身についているだろう、と期待しているのです。年齢や国境の壁も越えた、それこそグローバルな「国際教育村」が、これからの時代のニーズを先取りした最先端エリアになるのは間違いないでしょう。

 

【生きるチカラ基金口座】

■三井住友銀行 新橋支店(店番216)普通預金  

■口座番号:2137380

■口座名義:生きるチカラ基金口(イキルチカラキキングチ)  公益財団法人東京コミュニティー財団(コウエキザイダンホウジン トウキョウコミュニティザイダン) 代表理事小川敏男(ダイヒョウリジオガワトシオ)

 

 

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 

清水国明

タレント NPO法人 河口湖自然楽校 楽校長


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内