アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

森永卓郎さんのちょっと賢い年金生活

【第53回】格安スマホで十分 2016.10.07
Share

 【森永卓郎さんのちょっと賢い年金生活】一覧はこちら

この1年ほどずっと気になっていたことがありました。それは、格安スマホの存在です。私は、スマホのヘビーユーザーではないのですが、それでも月に7千円以上の通信料がかかっていました。そこで、最近さかんに宣伝されている格安スマホが、本当に使えるのかどうかを確かめるために、プライベート用に格安スマホを購入し、使ってみました。結論から言うと、まったく問題ありませんでした。


いま格安スマホは、量販店のイオンやビックカメラ、ネット通販会社、IT関連企業に加えて、大手携帯電話会社の関連会社など、数十社に及ぶ企業がサービスを始めています。料金は、通常の使い方の場合、大手携帯電話会社の半分ほどです。しかも、通信の質は大手とまったく同じです。どの会社も、大手の携帯電話会社から回線を借りて営業しているからです。大手からまとめて仕入れて、それを分売する形を取っているのです。


私が契約したのは、通常の格安スマホプランよりさらに安い楽天モバイルのベーシックプランです。通話に30秒あたり20円の料金がかかるのですが、それを除けば、月額1250円の負担で済みます。データ通信の速度は200Kbpsと、通常のスマホの千分の1です。さすがに動画を送受信すると、凍りついたりしますが、メールやサイトの閲覧をするだけならこれで十分です。何より、いくら使っても追加料金がかからないのが利点です。


また、楽天モバイルを契約していると、楽天市場の買い物の際に1%分余分にポイントがつくので、楽天市場をたくさん使う人はとても有利です。実は、私は楽天市場のヘビーユーザーなので、ポイントアップ分だけで、携帯電話の使用料がまかなえています。


また、たくさん電話をかける人には、Y!モバイルがよいと思います。1GBの通信料と10分以内300回までの無料通話がついて、2980円です。またプラス1000円で、通話時間も回数も無制限になるからです。

■ PROFILE

森永卓郎 1957年東京生まれ。経済アナリスト。東京大学経済学部卒業後、日本専売公社(現JT)、経済企画庁、民間シンクタンクなどを経て、獨協大学経済学部教授に。多数の著書を手掛け、「年金は60歳からもらえ」(光文社)を監修。ペットボトルの蓋などB級グッズコレクターでもある。コレクションを展示する博物館(B宝館)を新所沢に2014年10月に開館!


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内