アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

もうすぐお彼岸「正しいお墓参りの仕方」 2018.09.18
Share

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

  

  「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、さすがの猛暑もおさまりを見せる、お彼岸がやってきました。そこで今回は、知っているようで意外と知らない「正しいお墓参り」について解説します。

 STEP➊ お参りの前に本堂にご挨拶、そしてお墓の掃除

 お墓がお寺にある場合、お墓に行く前に、まずはお寺にご挨拶に行き、本堂のご本尊にお参りします。

〈準備するもの〉

・お線香 ・ろうそく・ライター・お花・お供物  

墓前ではまず掃除をします。周辺を掃き清め雑草を取り除いたら、墓石を水洗いします。強くこすって墓石を痛めないよう気をつけてください。墓石の彫刻部分の掃除は歯ブラシを使うと便利です。 外すことのできる花立ては取り外して洗い、香炉に残ったお線香の灰を取り除きます。

 

STEP➋ お花、お供えの作法

 お花は一般的にはトゲがないものを、左右対になるように準備します。ユリ等の花粉が落ちると墓石にシミが付く場合があるので、注意が必要です。風で倒れないように、短く切ってお供えします。 また、お供え物をする時にお酒などを墓石にかけるのは、墓石の変色の原因となる恐れがあります。

〈お供えのポイント〉

●お菓子や果物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置きます。

●水鉢にきれいな水を入れます。

●花立てに供花の長さを整え、お供えします。

 

STEP➌お参り、そして後始末も忘れずに 

 お線香をあげたら、墓前でしゃがむか腰を低くして手を合わせます。お供え物を放置するとカラスなどが食い散らかすため、お参りが終わったら持ち帰るのが最近のマナーです。帰る際もお寺に一言ご挨拶するといいでしょう。



 


■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888
365日(9:00~20:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内