アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

身近な供養への第一歩「墓じまい」 2021.08.30
Share

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

 

 「墓じまい」と聞くと今あるお墓を撤去し更地に戻す、お墓を持たない新しい選択と思っていませんか? 実は「墓じまい」はお墓の引越しを行う上での流れの一つです。お墓を撤去した後は、納めていたご遺骨を新しく購入したお墓や、合葬墓・樹木葬等の永代供養墓へ埋葬する必要があります。
 墓じまいの目的は「お墓を無くすこと」ではありません。今より、もっと供養を大切にするための方法です。今では、あなたがお墓を受け継いだ時や、お墓を建てた時とは家族のかたちや生活環境は大きく変わっているはず。「お墓があって安心」と思えるように、考えてみませんか。
 家族によって、お墓のかたちはいろいろ。費用を抑えた小さなお墓や、跡継ぎがいなくても安心の永代供養墓など、「今の家族」に最適なお墓選びが出来るようになりました。
 お彼岸や連休など、家族が集まる機会に、みんなで話してみましょう。墓じまいは「身近な供養への第一歩」です。
 次に当てはまる人は、「墓じまい」を考えてみるのもいいかもしれません。

・子供に負担をかけたくない
・後継ぎがいない
・高齢で車の運転が難しい
・長時間の移動が負担

 「どういう選択肢があるの?」「何から始めたらいい?」どんな疑問も大野屋テレホンセンターへお問い合わせください。無料にて、ガイドブックを差し上げます。

 


■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888
365日(9:00~17:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内