アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

芸能人インタビュー

正しいか間違っているかだけでは語れない、善悪に揺らぐ「人間らしさ」をうたいたい 2020.06.16
Share

前号に引き続き、さだまさしさんのインタビューをお届けします。クラシック、童謡、フォークなどさまざまなテイストの楽曲がつまった新アルバム『存在理由~Raison d'être~』。本作の収録曲に込めた思い、またさださんが考える優しさについてお聞きしました。

 

偲ぶのではなく前を向くために
中村哲さんへ捧ぐ歌

 さだまさしさんの新アルバム『存在理由~Raison d'être~』。さまざまなアーティストへの提供曲のセルフカバーや、小田和正さんとの幻の共作、さらに新曲も含む全13曲を収録したバラエティ豊かな一枚です。
 アルバムの最後を飾るのは、ベートーベンのピアノソナタ第8番(悲愴)第2楽章の美しいメロディが印象的な『ひと粒の麦~Moment~』。医師、中村哲さんに捧げられた楽曲です。中村さんはアフガニスタンで医療活動や復興支援に従事。現地の人々と向き合いながら活動を続けてきましたが、昨年銃弾に倒れます。その突然の死は世界中にショックを与えました。
 「中村哲さんのことは密かに尊敬申し上げていて、いつかお会いしたいと思っていたんですが…。あの事件から、『風に立つライオン』(ケニア国際医療活動に従事した柴田紘一郎をモデルに作られた曲)をうたうたびに胸がつまるようで。それで、中村さんを偲ぶ歌を書きたいと思ったんです。…でも、偲んでくれるなとご本人に言われているような気がしてね」
 報道もされずあまり知られることはないけれど、世界中で支援活動をしているたくさんの日本人。中村さんの後に続いて頑張っている彼らを励ます、そんな歌の方がふさわしいのではないだろうか。
 「夢を引き継ぐ仲間がいるから前を向こう。でも寂しい、あなたがいなくなって切ないよ、ということだけは伝えたかったんです」
 一つひとつの言葉が胸に迫る『ひと粒の麦~Moment~』、生きる理由を優しく問う表題曲『存在理由~Raison d'être~』、コミカルな中にドキリとする社会問題を込めた『ペンギン皆きょうだい2020』など、私たちにまっすぐメッセージを語りかけるさださんの歌。「僕らはメッセージがないと歌じゃないと思っている世代だから。家族や友、愛や世の中について、46年間同じことをうたい続けてきました。軸足だけはブレなかったのが自慢かな」と、さださんは笑いました。
 
″天国なんて善人しかいないとこの
なにが面白いの?”
 
 先の見えない不安を誰もが抱える今。余裕がなくついつい攻撃的になってしまうこともあるかもしれません。優しさや思いやりを持つにはどうすればよいのか、さださんはどのように考えるのでしょうか。
 「優しさや思いやりはみんな持っているものです。ただ優しさを表現するのはある種の熟練が必要だから。もっと優しくしたらよかったと感じることが何度もあった人が、いつか実現できるんだと思います。そしてどんな時にそう感じるのかというと、自分も人に優しくされた時なんですよね。太陽と北風の童話のように、遠回りで面倒でも温かいやり方で。自分の弱さというものを伝えることはできないけれど、弱さが人に対する許容量とか優しさにつながっているのも事実で。自信があったり強い人というのは、なかなかそういうキャパをもてないもんです。
 正しいか間違っているかだけをジャッジの基準にしないことも必要じゃないでしょうか。世の中はもっと複雑で、それだけでは語れないから。善悪があって苦しむのなら、どちらか1つだけの方が人間は助かったかもしれない。でも、瀬戸内寂聴さんと対談した時に″あなた天国に行きたいの? そんな善人しかいないとこのなにが面白いの”と、おっしゃられて、素晴らしいなと思ってね。これは自分の糧にしようと。善悪があるから人間は揺らぐ。その揺らぎが人間らしさとも言えるので。悪人が間違って良いことをして、善人が間違って悪いことをする。それを運とか縁とも言うんだろうけれども。そういうものが伝わる歌をうたいたいなあと思いますね」

 

■プロフィール

 シンガーソングライター・小説家/さだまさし

1952年長崎県出身。1973年、フォークデュオ・グレープとしてデビューし、『精霊流し』『無縁坂』などがヒット。1976年のソロデビュー後も、『関白宣言』『北の国から』などの名曲を生む。精力的に小説も発表し、多くの作品が映画化、テレビドラマ化している。「公益財団法人 風に立つライオン基金」を設立、助成事業や被災地支援事業を続けている。

 

■インフォメーション

 

『存在理由~Raison d'être~』

5月20日発売

 VICL-65374 発売元:ビクターエンタテインメント

発売価格:3,850円(税込)

 

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内