アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート
はいからお昼の快傑TV


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

芸能人インタビュー

念願の熱海五郎一座の舞台 “トレンディ”なギャグに心地よさと楽しさを感じています 2022.05.16
Share

 

軽演劇を継承するべく、三宅裕司さんを中心に旗揚げされた熱海五郎一座。5月29日から上演される「任侠サーカス~キズナたちの挽歌~」では、一座の大ファンでもある浅野ゆう子さんがゲスト出演されます。出演の喜びや公演への意気込みをお話しいただきました。

 

大先輩から学んだ幾つになっても向上心を忘れない生き方

 すらりとした長身に華やかな美貌。深々と一礼し、流れるような所作で取材会場に登場した女優・浅野ゆう子さん。トレンディドラマ、時代劇、刑事ドラマなどさまざまな作品で“カッコイイ女性”を体現してこられましたが、プライベートでは意外にも「タラタラしている」のだそう。
 「例えば食事に行く時もなかなか決まらないタイプなので、引っ張っていくようなことはあまりないですね。役のイメージとはちょっと違うかもしれない(笑)。カッコイイ女性ですか? 私が心から尊敬して素敵だなと思うのは野際陽子さんです。先輩としても人としても本当に素敵な方でした。『でした』という言い方をしなければならないのがとても寂しいのですが…。野際さんはお幾つになられても色々なことを勉強していらっしゃって、一緒にいるといつも『私も見習わなくては』と思わせていただいていました。野際さんのような素敵な女性になるために、私もまだまだ頑張らなくてはいけませんね」
 そんな浅野さんが笑いを勉強するべく熱海五郎一座に参加したのが今から9年前。三宅さんら喜劇人たちにも負けない見事なコメディエンヌぶりを発揮し、当時大反響を呼びましたが、5月29日から始まる『任侠サーカス』で満を持しての再登場が決定。今回はヤクザの女組長を演じます。

 笑いのプロフェッショナルが贈る“地上最大の超娯楽ショウ”

 暴対法により社会から徹底的に排除されるヤクザたち。ここ『任侠熱海組』も例外ではなく、二代目の不甲斐なさや、組員の高齢化もあり廃業寸前。この危機を脱するため三代目に選ばれたのが、なんとサーカス団員の木下。道化師かつ猛獣使いでもある彼はヤクザ稼業でもその才能を発揮するが、それ故に敵対する女組長を刺激し、マル暴刑事をも巻き込む全面戦争へと突入する!
 「お客様に笑っていただくということをちゃんと勉強したいと思い、11年前に三宅さんに『出してください!』と直談判いたしました。そして初めて出演させていただいたのが9年前。それ以降毎年、熱海五郎一座の公演を拝見する度に『また出たいんです』と耳打ちはしていた(笑)ので、9年たって今回出演のお話を頂戴した時は本当に嬉しかったです」
 念願の再出演に喜びもひとしおのご様子ですが、浅野さんをここまで夢中にさせる一座の魅力はどんなところにあるのでしょうか。
 「まずメンバーの結束力、絆の強さですね。リーダー始めラサールさんも、昇太さんも、皆さんそれぞれご自身の道を極めていらっしゃる方々が集結し、三宅座長の仰ることを『はい分かりました』と素直に受け入れ、一つの作品を作り上げていく…。この素晴らしい空間は何だろうかと驚いたのを覚えています。それに私は座長のギャグのセンスが本当に大好きで。あのお洒落で軽妙なノリのギャグは、いわゆるトレンディと言われたあの時代の私としっかりリンクしていて、そこに心地よさと楽しさを感じるんです。あとは何より皆さんプロフェッショナルでいらっしゃる! よく『アドリブじゃないの?』というお声を聞きますが、それはアドリブではなく、全て細かな演出や稽古の積み重ねで作り上げた芝居なんですよね。なのに『今の本当に可笑しくて笑っちゃってるんじゃない?』みたいなセリフの言い方ができる。本当に凄い! 私はまだその域に到達できていないので、この度はそのプロとしての技を習得できるよう稽古に励みたいと思っております。
 今こういう時代になって、ストレスもピークに達している方が多いと思います。そんな日々の中でほんの一時でも心から楽しいと思える時間を私たちと一緒に過ごしていただけたら嬉しいです。新橋演舞場でお待ちしております」

 

■プロフィール

女優/浅野 ゆう子

1960年兵庫県出身。74年に歌手デビューし、「恋はダン・ダン」で日本レコード大賞新人賞を受賞。「君の瞳をタイホする!」以降は「抱きしめたい!」「ハートに火をつけて!」など多数のドラマに出演し、トレンディドラマブームを牽引。女性を中心に絶大な人気を集めた。舞台でもその実力を発揮し、出演作に「大奥」「魔界転生」「細雪」「紺屋と高尾」などがある。

 

 

■インフォメーション

熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第8弾‼ 東京喜劇

「任侠サーカス~キズナたちの挽歌~」


作/吉高寿男  出演・構成・演出/三宅裕司 

出演/渡辺正行 ラサール石井小倉久寛 春風亭昇太 東貴博・深沢邦之(交互出演) 浅野ゆう子 塚田僚一(A.B.C-Z) 

会場/新橋演舞場 

日程/5月29日(日)~6月26日(日) 

料金(全席指定・税込)/1等席:11,500円 2等席:9,000円 3階A席:6,000円 3階B席:2,800円 桟敷席:12,500円

【問】チケットホン松竹0570-000-489(10:00~17:00)

 

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内